滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料に強い弁護士に無料相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終電話受付午後7:00)

離婚初回無料相談実施中

離婚に強い弁護士によるアドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

現在業務が非常に立て込んでおり、新規の法律相談ご予約を停止しております。

ご了承ください。

離婚調停に弁護士は必要か

離婚調停の際に弁護士に依頼をする必要はありますか?

必ず必要というわけではありませんが、つけた方がよいケースもあります。

   離婚調停をするにあたって、弁護士に依頼をした方がやはり有利な結果が得られるのでしょうか?

 

   離婚調停自体は、弁護士をつけずに、当事者本人でもできる手続になっています。ただ、原則として、調停室には、ご本人か、依頼をした弁護士しか入れませんので、弁護士に依頼しない場合、調停室に1人で入っていかないといけないという不安感はあると思います。

   最近の統計では、調停の当事者の少なくともどちらかに弁護士がついていたケースが、約半数くらいのようです。

 

   まず、離婚調停で弁護士に依頼するメリット・デメリットを見てみましょう。

離婚調停で弁護士に依頼するメリット

・調停申立の手続や、必要書類(戸籍謄本など)の収集を弁護士がやってくれる。

・調停に弁護士が同行してくれて、一緒に調停室に入ってもらえる。

・調停の最中に、リアルタイムでアドバイスがもらえる。

・必要に応じて、裁判所や相手方への書面の作成・提出をしてもらえる。

・相手方との対応窓口になってくれる。

・調停が不成立になり、裁判となった際に、事情をわかってくれているので安心。

 

離婚調停で弁護士に依頼するデメリット

・弁護士費用がかかる。

・「離婚したくない、やり直したい」という場合には、弁護士をつけることによって、相手方と直接のやりとりが基本的にできなくなり、かえって復縁が難しくなることがある。

 

  弁護士に依頼する一番のメリットは、相手方との対応だと思います。弁護士に依頼すれば、相手とのやりとりの窓口は全て弁護士になりますので、調停でも、調停外でも、相手からの嫌がらせに困ることがなくなります。

   弁護士に依頼する一番のデメリットは、やはり弁護士費用でしょう。費用対効果の観点から、依頼をするかどうかを考えるのがよいでしょう。

 

 また、弁護士に依頼をした方がよいケースというのもありますので、以下に挙げてみます。

弁護士に依頼した方が良いケース

・相手方から嫌がらせを受けている。

・相手方が調停外で色々と連絡をしてきそう。直接のやりとりはしたくない。

・親権について争いがある。子の奪い合いになりそう。

・財産が多く、財産分与で非常にもめそう。

・不貞行為や暴力などで慰謝料を請求したい。

・相手が財産の開示に応じそうにない。

・DVを受けていて、保護命令の申立をしたい。

・相手方に弁護士がついていて、法律論をどんどん主張してくる。

 

   以上のような点を踏まえて、離婚調停において、弁護士に依頼するかどうかを考えてみるとよいと思います。

   なお、依頼せずに、調停は自分で対応して、必要に応じて弁護士に相談に来る、というスタンスもありえます。

離婚法律相談(初回無料)予約はこちら

滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00(最終電話受付午後7:00)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む方々の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。

滋賀県草津市弁護士ブログ