滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

実家や自宅に行かせる面会の拒否

面会交流中に、実家や夫の自宅に行かせないようにすることはできますか?

認められる可能性もあります。裁判所に理解してもらうためには、子の福祉に悪影響があることを具体的に主張しましょう。

「面会交流をさせるとしても、夫の実家(自宅)には絶対に連れて行って欲しくない」という母親はよく見受けられます。

 

   家庭裁判所の面会交流調停・審判において、このような主張は通る可能性はあるのでしょうか?

 

   まず、面会交流については、頻度・時間・待ち合わせ場所を決めるのは通常ですが、面会交流の時間中にどこに行くか、何をするかについては、非監護者に委ねられるのが一般的です。したがって、「実家に行くな!」「親に会わせるな!」「自宅には行くな!」という主張を通すためには、それなりの必要性と理由が必要になります。

 

   面会交流は子どもの福祉の観点から決めることになりますから、「実家には行くな」という場合には、その理由についても、実家に行くことにより子どもの福祉が害されてしまうと言う具体的な理由を主張していく必要があります。

   たとえば、「子どもは以前に祖父から殴られたことがあり、現在においても祖父に対して恐怖心を抱き、祖父と会うことを嫌がっている」というように、具体的に主張していく必要があります。

 

   調停段階においては、双方が合意をすれば、実家に行かない、祖父母に会わせないなどの条件をつけることが可能です。

   調停で話がまとまらない場合、審判手続と言って、裁判官が判断する手続になります。その際に実家に行かないなどの条件がつくかどうかは、ケースバイケースですが、ハードルは高いと考えておいた方がよいでしょう。子の福祉に具体的な悪影響があると裁判官が判断した場合には、面会時の場所等について制限や条件が科される可能性はあります。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。

滋賀県草津市弁護士ブログ