滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

家庭内別居も「別居」にあたるか

家庭内別居でも、長期間の別居であるとして、離婚原因になりますか?

家庭内別居では、離婚原因として認められないと考えておきましょう。

家庭内別居では別居と認められない

   離婚訴訟において、離婚原因の有無が争いになったときに、「長期間の別居」があると離婚原因(婚姻関係の破綻)にあたるとして離婚が認められることがよくあります。

   では、「家庭内別居」でも、上記のような「別居」にあたり、裁判で離婚が認められるのでしょうか?

   結論からいえば、残念ながら、家庭内別居で長期間の別居があるとして離婚原因が認められることはほとんどありません。

家庭内別居ではダメな理由

   裁判官は、争いのある事実を認定するにあたっては、証拠をもとに認定しなければなりません。

   この点、夫又は妻が家を出て行って、寝泊まりを別にしている、というような場合には、そもそもそのことが争われることも少ないですし、賃貸借契約書等で別居時期を立証できることが多いです。

   他方で、家庭内別居は、証拠がないことがほとんどです。

   また、たとえば夫が、「妻は夕食も作ってくれず、全く会話もなかった。寝室も別だった。」と主張したとしても、妻側が、「夕食は作っていたのに夫が外で食べてくるようになった。会話をしてこなかったのはむしろ夫。寝室は、夫が暑いからリビングで寝ると自分から言った」などと反論してくることがよくあります。結局のところ、どちらの主張が正しいかを証拠で立証できることは少なく、家庭内別居なのかどうかは判然とせず、結局一つ屋根の下で一緒に暮らしていた=同居ということになってしまうことがほとんどです。

結論

   裁判で家庭内別居を主張しても、離婚原因と認められる可能性は極めて低いです。

   不貞行為や、相手の身体的暴力などのはっきりとして離婚原因が立証できないのであれば、完全に別居した方がよいでしょう。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。

滋賀県草津市弁護士ブログ