滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

住宅ローンと婚姻費用

妻子は私が住宅ローンを払っている家に住んでいます。婚姻費用を決めるにあたり、住宅ローンを控除できますか?

住宅ローン全額を差し引くことは難しいですが、一部を差し引くことはできると考えられます。

   夫と妻子が別居している場合で、収入に差がある場合、夫から妻子に対して婚姻費用(生活費)を支払わなければなりません。

 

   婚姻費用の額については、裁判所がWEBサイトにて相場の表を公開しています。

 

   ところで、妻子が居住している家が夫の持ち家であり、住宅ローンを夫が負担している場合には、住宅ローン分を婚姻費用から控除(差し引き)できるのでしょうか?

 

   住宅ローン分を婚姻費用から控除できないとなると、夫は自分の住居費に加えて、妻子の住居費を全て負担することになり、二重家賃状態となるため、非常に苦しくなります。

   しかしながら、賃貸住宅の家賃の場合と異なり、住宅ローンの支払いは資産形成の側面があります。そのため、別居後に支払った住宅ローンの金額に応じて、離婚時の自宅の財産分与の際に、夫の取り分が多くなる可能性があるのです。

   そのような観点から、婚姻費用から住宅ローンを控除できるかどうかについては、確定した見解があるわけではないものの、「全額は控除できないが、一部は控除できる」という見解が調停等でも主流となっています。

 

   では、どれだけの金額を控除できるかというと、収入に応じた必要的住居関連費用(国や県がネットで公表している場合があります)の分を控除できるというのが一般的ですが、厳密な計算をせずに、住宅ローンの支払額の3分の2とか、半分などが目安となります。

 

   もっとも、住宅がオーバーローンの場合には、資産形成の側面は無関係であるとして、住宅ローン全額を婚姻費用から控除できるという考え方もあります。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。平日ほぼ毎日更新中!

滋賀県草津市弁護士ブログ