滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

婚姻費用の金額・決め方

婚姻費用の額はどうやってきまりますか?

協議で決まらなければ家庭裁判所の調停を利用します。相場の表(婚姻費用算定表)があります。

   別居期間中、まだ離婚が成立していない段階では、収入の多い方が、収入の低い方や子どもを監護している方に対して、生活費(=婚姻費用)を支払う義務があります。

 

   婚姻費用の金額については、双方が協議によって決めますが、協議がまとまらない場合には、家庭裁判所の調停を利用することができます。家庭裁判所では、調停の際に利用する、婚姻費用の算定表をWEBサイトで公開しています(http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou/

 

   婚姻費用算定表では、双方の収入・子どもの人数・子どもの年齢によって、婚姻費用の相場が決まります。

 

   なお、この表は、夫婦の双方が、お互いの生活にかかる費用はそれぞれ各自で負担することが前提となっています。

   ですので、たとえば婚姻費用算定表によれば、夫から妻子に対して10万円の婚姻費用を支払わなければならない場合でも、夫が妻子の携帯代を支払っていたり、妻子が住んでいる自宅の家賃を支払っている場合には、婚姻費用からその分を差し引くことができます。

 

   もっとも、住宅ローンについては話が別です。妻子が住んでいる自宅の住宅ローンを夫が支払っているという場合ですが、住宅ローンは資産形成の側面がある上、財産分与の際に精算するのが原則であるため、婚姻費用算定表の額から住宅ローン分を全額差し引くことはできません。

   ただし、妻子は住居費がかかっていないわけですから、住宅ローンの額の一部(たとえば収入に照らした住居費負担割合分)を婚姻費用算定表の額から差し引くことはできると考えられています。

 

   調停でも婚姻費用が決まらない場合には、最終的には裁判所が審判によって婚姻費用の額について定めることになります。

   審判は命令ですので、審判の内容に従わない(=相手が支払わない)場合には、強制執行(差押え)の申立をすることができます。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。平日ほぼ毎日更新中!

滋賀県草津市弁護士ブログ