滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

無断別居と婚姻費用

勝手に出て行った妻から生活費(婚姻費用)を請求されました。支払う必要がありますか?

配偶者が勝手に出て行った場合でも、婚姻費用の支払い義務は原則としてあります。

   仕事に行って帰ってきたら、妻子が自宅を出て行ってしまっていた。置き手紙があり、「もうあなたとの生活には疲れたので家を出て行きます。今後について裁判所から連絡がいきます」と書かれていた。

   しばらくすると、裁判所から通知が届き、婚姻費用(生活費)を支払えとの調停を申し立てられた。このようなときにも、残された夫としては、勝手に出て行った妻に対して、婚姻費用(生活費)を支払う義務があるのでしょうか。

 

   婚姻費用は、夫婦であることに基づく義務ですので、別居の経緯がどうであれ、原則として支払い義務が発生します。したがって、上記のようなケースであっても、残された夫は、離婚が成立するまでの間、妻に対して婚姻費用を支払う義務があります。

 

   もっとも、妻が出て行った理由が、妻の不貞行為によるものであり、妻が不貞相手と一緒になるために子どもを連れて出て行ったようなケースの場合で、別居の経緯等に照らして、妻からの婚姻費用の請求を認めるのがあまりにも不合理である場合には、婚姻費用の請求は権利濫用にあたるとして、一部を認めなかった審判例があります(東京家裁平成20年7月30日審判)。

   ただし、その場合でも、未成年者に関する生活費は認められるため、養育費相当額の婚姻費用については支払わなくてはなりません。

 

   いずれにしても、原則として、夫婦関係が継続している以上は、婚姻費用の支払い義務は発生する、と考えておいた方がよいでしょう。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。平日ほぼ毎日更新中!

滋賀県草津市弁護士ブログ