滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

養育費の決め方

養育費はどうやって決まるのですか?

父母の協議で決めるのが原則ですが、決まらない場合には、家庭裁判所に養育費調停を申し立てるべきです。

協議で決まらない場合には、調停を申し立てましょう。

   養育費は、まず、父母の間で協議ができるようであれば、協議で決めることになります。養育費については、双方の収入から算定できる相場の表(養育費算定表)を、裁判所が公開しています(こちらのページを参照)。相場どおりに決めなければならないわけではなく、父母の協議がまとまれば、その金額で決めることができます。

 

   ただし、協議で決まった場合には、公証役場で公正証書にしてもらわなければ、もし約束が守られなかったときに強制的に取り立てることができません。公正証書を作成しておけば、決められた養育費が支払われなかった場合に、給料の差押えなどの強制執行が可能になるので、公正証書はきっちりと作成しましょう。

 

   父母の間で養育費の協議ができそうにない場合や、まとまらなかった場合には、家庭裁判所に養育費調停を申し立てることになります。

   調停自体は、難しい手続では無く、裁判所のWEBサイトにも手続の説明があります。手続き費用も、子ども1人あたり1200円と、切手代程度です。

   調停を申し立てると、裁判所から相手に対して呼出状が届き、中立な調停委員が間に入って話が進みます。相手と顔を合わせずに話を進めることも可能です。調停の際には、養育費算定表をベースに話が進むことがほとんどです。

 

   相手が調停に出てこなかった場合や、調停でもまとまらない場合には、自動的に「審判」という手続に移行し、裁判官が資料等を元に養育費を決定します。

 

 調停や審判で養育費が決まった場合には、裁判所が「調停調書」または「審判書」という書類を作成してくれます。これらの書類によっても、相手が養育費を支払わない場合には、強制執行(差押え)をすることができます。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。平日ほぼ毎日更新中!

滋賀県草津市弁護士ブログ