滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

偽造の離婚届

夫が私のサインを偽造して離婚届を出しました。離婚を無効にできますか?

協議離婚無効確認調停を申し立てる必要があります。

   離婚届の提出は、一方当事者だけでもできますし、離婚届の署名押印に関しても、市役所の窓口では厳密な確認は行われません。したがって、夫が勝手に妻のサインを偽造して離婚届を提出しても、受理されてしまう可能性があります。

 

   まず、このような事態を予防するため、配偶者が勝手に離婚届を出してしまいそうな場合には、住所地の市役所または本籍地の市役所で、あらかじめ「離婚届の不受理申出」の手続をしておきましょう。この手続をしておくと、あなたが不受理申出を取り下げない限り、配偶者が勝手に離婚届を出そうとしても、市役所では受け付けなくなります。

 

   しかし、不受理申出をしていなくて、偽造の離婚届が受理されてしまった場合、どうすればよいのでしょうか。

   いったん受理された離婚を無効にするためには、家庭裁判所に協議離婚無効確認調停を申し立てて審判をしてもらうか、離婚無効確認訴訟を提起する必要があります。まずは、速やかに、家庭裁判所に、協議離婚無効確認調停を申し立てましょう。

 

協議離婚無効確認調停の申立てはこちら (裁判所WEBサイト)

 

   また、署名押印を偽造することは、文書偽造であり、犯罪にも該当します。ですので、警察に被害申告をするという方法も考えれます。ただし、警察が動いたからといって、離婚が直ちに無効になるわけではありません。

   時間が経ってしまうと、離婚状態を追認したとみなされる可能性がないわけではありませんので、虚偽の離婚届を無効にしたい場合には、できるだけ早めに弁護士に相談をされることをお勧めします。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。平日ほぼ毎日更新中!

滋賀県草津市弁護士ブログ