滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

養育費を受け取る側の再婚と養育費

再婚したら、養育費はもらえなくなりますか?

再婚相手と子どもが養子縁組をすれば、養育費がもらえなくなる可能性があります。

   子どもの親権をとった母親が、再婚をした場合、子どもの実の父親はこれまでどおり養育費を支払う義務があるのでしょうか。それとも、養育費の支払い義務は免除され、母親は実父から養育費をもらえなくなるのでしょうか。

 

   まず、母親が再婚をしても、子どもらが自動的に母親の夫と親子関係になるわけではありません。たとえば、子どもが高校生など大きいような場合には、子どもからすれば、母親の新しい彼氏をお父さんと呼ぶなんて嫌だ、ということもあるでしょう。

   もっとも、子どもがまだ小さいのであれば、新たな夫を子どもらの父親としたいという方も多いと思います。

   そのような場合、母親の夫と子どもらが養子縁組をすることによって、新たな夫と子どもらとの間に法律上の親子関係が生じます。このようなケースは比較的多いでしょう。

 

   子どもらと新たな夫が養子縁組をした場合、子どもらの養育の第一次的義務は、新たな夫(養父)にあると考えられています。したがって、養父が経済的に子どもらを養っていける立場であれば、子どもらの実の父親(実父)は子どもらに対する養育費を支払わなくてよいことになります。裁判例等でも、親権者である母親が再婚をした場合に、実父の養育費を0円としたケースがあります。

   もっとも、養育費はあくまで子どもらのためのものですので、たとえば養父の経済力が不足していて、子どもらの養育環境に支障が出るような場合には、実父の養育費が0円にはならないこともあります。

 

   他方で、子どもらが新たな夫と養子縁組をしない場合には、子どもらの父はあくまで実父だけですので、再婚をしても、これまでと同様の養育費支払い義務が実父にはあります

 

   なお、既に調停調書や公正証書などで養育費の金額を決めている場合、再婚をしたからといって直ちにそれまでの調停調書や公正証書が無効になるわけではありません。先ほどの例であれば、実父が養育費減額調停を家庭裁判所に申し立てて、0円(または減額)となることが認められて初めて、それまでの調停調書や公正証書が無効になります。

   ですので、養育費が記載された公正証書や調停調書・審判・判決などがある場合には、親権者が再婚をしたら念のため養育費減額調停を申し立てておいた方がよいでしょう。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。平日ほぼ毎日更新中!

滋賀県草津市弁護士ブログ