滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

過去に書いた離婚届の提出

夫が5年前に書いた離婚届があります。今、勝手に出しても有効ですか?

離婚届の提出時点で、夫に離婚意思が無ければ、後で無効となる可能性があります。

   夫がかなり前に書いた離婚届が手元に残っているような場合、夫に確認をせずに、勝手に妻が提出してしまっても問題はないのでしょうか?

 

   まず、一度書いた離婚届自体に有効期間があるわけではありません。ですので、5年前であろうと、夫も了承していれば、離婚届を出しても問題はありません。

   もっとも、離婚については、離婚届を役所に提出する時点で、離婚の意思が存在している必要があります。ですので、現在は夫に離婚の意思がないのであれば、後で、そのような離婚届の提出は無効だとして、夫から争われる可能性があります。

   ですので、離婚届を提出する前に、夫に意向を確認しておいた方がよいでしょう。

 

   ちなみに、夫が離婚の無効を争う場合ですが、役所は離婚届に署名押印がなされていれば、受理はしてしまいます。その後、離婚の無効を争う夫から、家庭裁判所に、離婚無効確認の調停を申し立てることになります

   調停でも話がつかない場合には、夫側から、離婚無効確認の裁判をすることになります。このときには、離婚の意思がなかったということを、夫側が立証する必要があります。

   離婚届にサインをしてから提出するまでの期間が長いほど、離婚無効は認められやすくなる可能性があります。また、夫が妻に、「僕はやっぱり離婚しない」というメールを送っていた場合などには、やはり、離婚無効が認められやすくなるでしょう。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。平日ほぼ毎日更新中!

滋賀県草津市弁護士ブログ