滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

夫名義の自宅の財産分与

夫名義の住宅に住み続けたいのですが、こちらのものにできますか?

住宅ローンが残っている場合、簡単に自宅を自分のものにすることができるわけではありません

   今後の子どもの家庭環境を変えたくないので、このまま自宅に住み続けたい、でも、土地建物の名義は夫の場合、財産分与で取得することはできるのでしょうか?

 

   この点、住宅ローンが残っているのか残っていないのかで大きく状況が変わります。

   まず、住宅ローンが無い、または完済している場合で、その住宅が結婚後の資金で購入している場合、その住宅は夫婦どちらの名義であろうと、共有財産として財産分与の対象になります。

   たとえば、自宅の査定額が2000万円だとすれば、その自宅を夫が住み続ける場合、妻は夫に対して現金1000万円の財産分与を請求することができます。他方で、妻が子どもらと住み続け、自宅の名義を妻に変えてもらう場合には、夫は妻に現金1000万円の財産分与を請求できることになります。

   お互いの話がつかない場合には、最終的には売却してお金を分け合うことにならざるをえません。

 

他方で、住宅ローンが残っている場合、そう簡単に話は進みません。実は、たいていの銀行は、「住宅ローンを完済するまでは、名義変更をするには銀行の承諾が必要」という条項を契約書に入れているのです。そして、離婚をしたからと言っても、名義変更を承諾してくれることはほとんどありません。

   そうすると、夫婦間では、住宅ローンが無い場合と同じように、財産分与の協議ができたとしても、自宅の名義は住宅ローンを完済するまで変更できないことになります。また、住宅ローン自体の名義も、原則として変更はできません。

 

   たとえば、住宅ローンも自宅の名義も夫の場合、仮に妻が財産分与として自宅をもらうこととなっても、名義はいずれも夫のままですので、夫が自己破産をしたり、裁判を起こされて差押えを受けたりすれば、いくら妻が住宅ローンを負担していても、自宅は競売にかかってしまうのです。

   そういう意味では、住宅ローンが残っている夫名義の自宅に住み続けるというのは、かなりのリスクがあります。

 

   この問題は、非常に難しい問題ですし、また、夫妻どちらかの親の名義が入っていたりすると、さらに複雑になりますので、一度弁護士に相談をした方がよいでしょう。  

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。平日ほぼ毎日更新中!

滋賀県草津市弁護士ブログ