滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

浮気の証拠の種類

浮気の証拠にはどのようなものがありますか?

写真やメールの履歴、探偵の報告書などが考えられます

   相手が浮気や不倫を否定してきた場合に、裁判等で慰謝料を請求するためには、証拠が必要となってきます。

   では、どのようなものが、浮気や不倫の証拠と言えるのでしょうか?

 

   証拠については、「なる」・「ならない」で考えてはいけません。

   民事事件や家事事件においては、どのようなものであっても、原則として証拠になります。ただ、決定的な証拠なのか、それともどうでもよい証拠なのか、つまり、「強い」証拠か、「弱い」証拠かが問題なのです。

 

   たとえば、平日の昼間にスーツ姿で夫が女性と街中を歩いている写真があったとしましょう。これも、浮気の証拠として裁判の際に提出することは可能です。しかし、おそらく夫は、「ただの仕事仲間と歩いていただけだ」と反論するでしょうし、裁判官もその反論には一応合理性があると考えるでしょう。ですので、証拠としては極めて弱い証拠ということになります。

   他方で、夫が女性とラブホテルから出てきた写真であれば、夫がまともな反論はできないでしょう。たとえ、夫が「ホテル内でおしゃべりしてただけだ」などと反論しても、ラブホテルですから、そのような反論を裁判官が信じるとは思えません。このような証拠は「強い」証拠となります。

 

   また、弱い証拠であっても、複数の証拠が集まれば、強い証拠となりえることもあります。

 

   以下、浮気や不倫の証拠としてよく出てくるものを挙げます。もっとも、証拠の取得方法によっては、プライバシー侵害等の問題が発生することがありますので、そのあたりは弁護士に相談した方がよいでしょう。

 

・ラブホテルから異性と出てくる写真。

・異性の家から朝方に出てくる写真。

・ホテルや旅館で2人で泊まっていたことがわかる写真や領収証。

・「愛してる」とか、「気持ちよかった」など、性行為や男女交際を窺わせる手紙やメール。

・捨ててあった使用済みコンドーム。

・ラブホテルの会員カード。

・GPSによる行動記録(仕事帰りに異性の家に寄った、ホテルによったなど)。

・探偵による調査報告書。

・不倫等を認める発言を録音したもの。

・不倫相手の自白。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。平日ほぼ毎日更新中!

滋賀県草津市弁護士ブログ