滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

別居後の不倫に対する慰謝料請求

別居後に配偶者が不倫をしていた場合、配偶者に慰謝料請求はできますか?

婚姻関係破綻の有無により、認められるかどうかの結論が異なります。

   配偶者と別居後に、配偶者に不倫相手がいることが判明した場合、配偶者に対して慰謝料を請求することはできるのでしょうか?

 

婚姻関係が破綻していると慰謝料は請求できない

   配偶者が不貞行為をしていたとしても、婚姻関係が既に破綻しているという場合には、慰謝料は認められません。

   たとえば、既に離婚調停を申し立てていたとか、離婚協議で双方が離婚に合意していたなどの事情があれば、婚姻関係が破綻していた可能性が高く、慰謝料が認められない可能性が出てきます。

 

婚姻関係の破綻はそう簡単には認められない

   ただし、法律的には、「婚姻関係の破綻」は一般の方が思っているほど簡単には認められません。

   たとえば、別居はしていてもまだ離婚は決まっていないような場合や、ただ単に相手が一方的に出て行って離婚を求めてきていただけのような場合には、婚姻関係の破綻は認められず、慰謝料請求が認められる可能性が高くなります。

 

慰謝料額が低くなる可能性はある

   婚姻関係の破綻が認められず、慰謝料請求ができるとしても、同居していて良好な夫婦関係であったにもかかわらず離婚をした、というケースに比べると、別居中の不貞行為については慰謝料の額が低くなることがあります。

 

   いずれにしても、別居後に離婚が判明したケースで慰謝料請求が認められるかどうかは、個別具体的な事情によって異なりますし、判断が難しいので、弁護士への相談をお勧めします。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。

滋賀県草津市弁護士ブログ