滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

離婚成立後の年金分割

年金分割の請求をせずに、今後互いに一切請求しない(債権債務なし)という合意をして離婚しましたが、後から年金分割の請求をすることはできますか?

離婚後2年以内であれば、年金分割の請求は可能です。

   離婚の際に、年金分割のことを知らなかったなどの事情があって、年金分割の請求をせずに離婚をしてしまったとします。さらに、離婚の協議書や調停条項において、「今後一切請求しない」とか「当事者間に債権債務関係がないことを相互に確認する」という条項が入っていた場合、離婚後に年金分割の請求をすることはできないのでしょうか?

 

   年金分割の請求は、相手(配偶者)に対する私法上の請求権ではなく、国に対して年金分割をせよという権利です。したがって、「相手に対して一切請求しない」という合意や条項があったとしても、国に対する年金分割の請求権は失われないと考えられており、協議離婚や調停離婚をした後であっても、離婚後2年以内であれば、年金分割の請求は可能です。

   法律の規定や最高裁判例があるわけではありませんが、多くの下級審判決でそのように判断されています。

 

   ただし、離婚協議書や調停条項内に、「国に対する年金分割の請求をしない」という条項がある場合には、年金分割の請求が認められない可能性や、元配偶者から損害賠償請求をされる可能性がありますので、注意が必要です。

 

   なお、婚姻期間に、平成20年3月以前の期間が含まれている場合には、年金分割の手続きをする際に、配偶者との間で按分割合を定めていなければなりません。

   この点についても、もし離婚後で元配偶者が協力をしてくれないのであれば、離婚後2年以内に家庭裁判所に年金分割の審判を申し立てれば、家庭裁判所が按分割合を決めてくれることになります。

 

   もし、まだ離婚から2年が経っていない方で、年金分割の請求をしていないという方がいらっしゃいましたら、あきらめずに、一度弁護士に相談をされることをお勧めします。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。

滋賀県草津市弁護士ブログ