滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

学費を養育費に上乗せできるか

子どもの学費について、養育費とは別にもらうことはできませんか?

大学や私立学校の学費は、養育費算定表に含まれていませんので、別途請求することが可能です。

   養育費については、裁判所が養育費算定表という相場を公表しており、調停や裁判では、相場に基づいて決めるのが通常です。

 

   では、子どもの学費について、養育費算定表の相場とは別に上乗せすることはできるのでしょうか?

 

   まず、養育費は協議によって決める訳ですので、協議の際に、双方の合意のもと、養育費とは別に学費分を上乗せして非親権者が支払うとすることは可能です。また、家庭裁判所の調停においても、双方が合意すれば、学費を別途非親権者が支払うという内容で成立することも可能です。

 

   他方で、相手が学費の上乗せに了承せず、裁判所が決める場合にはどうなのでしょうか?

   養育費算定表の養育費の金額には、公立高校までの学費や諸経費は含まれていると考えられています。したがって、公立の小学校~高校までの学費については、法律的にはさらなる上乗せが認められないことがほとんどです。

   他方で、大学や、私立学校の学費については、養育費算定表の金額には含まれていません。したがって、大学や私立学校の学費については、養育費とは別に取り決めをしたり、養育費に上乗せすることを要求できます

 

   では、どのくらいの上乗せを求めることができるのでしょうか?

   この点については、定まった見解は無く、裁判所でもケースバイケースで意見が分かれています。多いのは、①父と母の収入割合に応じて、学費分を双方に負担させるケースと、②学費分を父と母で1:1の負担とするケースです。

 

   なお、離婚時にはまだ子どもが小さかったので、とりあえず養育費算定表に従って養育費を決めたけれども、その後大学や私立学校に進学した場合には、家庭裁判所に養育費増額調停を申し立てて、養育費の増額を請求することができます。  

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。平日ほぼ毎日更新中!

滋賀県草津市弁護士ブログ