滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

離婚後の親権者の死亡

離婚後に親権者が死亡した場合、もう一方の親に親権がいくのですか?

自動的にもう一方の親に親権がいくわけではありません。

   たとえば、離婚の際に、妻が親権者となったけれども、その後妻が死亡した場合、未成年の子どもの親権者はどうなるのでしょうか?   元夫が親権者になれるのでしょうか?

 

   まず、親権者である妻が死亡した時点で、子どもには親権者がいない状態となります。そのため、子どもに関して、未成年後見人が監督をすべき状況となります(民法838条1項)。

   この点、未成年後見人は、遺言で指定することができます(民法839条1項)。従って、親権者である母が、遺言で、未成年後見人を祖母に指定していれば、母が亡くなった後、祖母が子どもの財産等の管理を行うことになります。

 

   また、遺言による指定が無い場合には、家庭裁判所に未成年後見人の選任を申し立てることができます(民法840条1項)。したがって、実際には、亡くなった母の親族が、家庭裁判所に未成年後見人の選任申立てをして、親族が未成年後見人になるというケースが多いです。

 

   他方で、元夫側は、家庭裁判所に親権者変更の審判を申し立てることが可能です。

   もっとも、子どもが父の元での養育を望んでいる場合や、母の親族では養育が難しい場合など、特別な事情が無いと、家庭裁判所は親権者変更を認めてくれないケースが多いと考えられます。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。平日ほぼ毎日更新中!

滋賀県草津市弁護士ブログ