滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

不倫相手への慰謝料請求の注意点

配偶者の不倫相手に対して慰謝料を請求する場合に、気をつけることはありますか?

3つのポイントの主張・立証を検討していくべきです。

   配偶者の不倫相手へ慰謝料請求をする場合、

①不貞行為の存在

②婚姻関係が破綻していないこと

③不倫相手が、配偶者が既婚者であると知っていた(知りえた)こと

という3つのポイントを主張・立証することを考える必要があります。

 

   ①不貞行為の存在については、配偶者と不倫相手との間に肉体関係があったことを主張・立証する必要があります。配偶者が認めているのであれば、そのことを紙に書かせたり、録音したりしてもよいでしょう。

   また、配偶者や相手が否定している場合には、メールやラブホテルの領収証などの証拠で証明していく必要があります。詳しくは、「浮気の証拠の種類」のQ&Aをご覧ください。

 

   ②婚姻関係が破綻していないことですが、婚姻関係が破綻しているときに配偶者が不倫をしても、慰謝料が認められない可能性があります。

 ただし、一緒に生活をしていれば、そう簡単に婚姻関係が破綻していたとは認定されません。離婚調停中であるとか、別居しているなどの場合には、注意が必要です。

 

   ③不倫相手が、配偶者が既婚者であると知っていたという点ですが、この点は裁判でよく争いとなります。

   不倫相手からそのような主張が出てきた場合には、配偶者の証言で立証していくのが通常ですが、配偶者も不倫相手と口裏合わせをしているような場合には、状況証拠等を用いて、「当然既婚者であるとわかっていたはずだ」と主張していくことになります。

 

   これらに加えて、配偶者と離婚をせずに、不倫相手にだけ慰謝料請求をする場合には、不倫相手から慰謝料を取れたとしても、後日不倫相手が配偶者に対して求償権を行使してくる可能性があります。

   このあたりは、非常に難しい問題をはらんでいますので、一度弁護士に相談をされた方がよいでしょう。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。平日ほぼ毎日更新中!

滋賀県草津市弁護士ブログ