滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

離婚を先に切り出すと不利か

離婚を先に切り出した方が不利というのは本当ですか?

法律的には、先に切り出したから不利になるわけではありません。

   世間では、「離婚は自分から切り出したら不利になる」とか、「離婚を自分から先に切り出した場合、慰謝料を払う必要がある」などと言われることがありますが、本当に、離婚は先に切り出したら不利になるのでしょうか。

 

   まず、法律的には、先に切り出したから不利になるということはありません。

   離婚調停でも、調停の申立人と、調停の相手方とで、法律的に有利・不利という差はありません。

 

   では、なぜ、先に切り出したら不利と言われるのでしょうか。それには一応の理由があります。

   たとえば、性格の不一致で夫から離婚を切り出した場合、本来、性格の不一致では慰謝料の支払い義務はありません。

   しかし、妻が「離婚はしたくない。慰謝料300万円支払ってくれるなら離婚する」と言い出した場合、夫には慰謝料の支払い義務はありませんが、離婚という夫の要求を直ちに実現させようと思うと、どうしても妻の要求(慰謝料)を飲むか飲まないか、という妻のペースになってしまいがちなんですね。

 

   このように、交渉ごとというのは、確かに、話を切り出した側よりも、切り出された側が主導権を握るという面が少なからずあります。そのため、世間で、「離婚は自分から先に切り出したら不利」と言われることがあるのです。

 

   結局のところ、必ず先に切り出したから不利になるというわけではありませんが、その後相手がどのように出てくると予想されるのか、その際にはどのように返答をしていくのかという予測をしっかり立てた上で、離婚を切り出した方がよいでしょう。

   離婚を切り出す前に、事前に弁護士と相談をしておくのも、十分に意味があることだと思われます。

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。平日ほぼ毎日更新中!

滋賀県草津市弁護士ブログ