滋賀県で離婚・親権・養育費・財産分与・慰謝料を弁護士に相談するなら

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

離婚相談実施中

弁護士による専門的アドバイス

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

暴力の証拠の種類

暴力(DV)の証拠にはどのようなものがありますか?

暴力を受けた直後に受診した診断書などは強い証拠となります。

   相手が暴力行為を否定してきた場合に、裁判等で慰謝料を請求するためには、証拠が必要となってきます。

   では、どのようなものが、暴力の証拠と言えるのでしょうか?

 

   証拠については、「なる」・「ならない」で考えてはいけません。

   民事事件や家事事件においては、どのようなものであっても、原則として証拠になります。ただ、決定的な証拠なのか、それともどうでもよい証拠なのか、つまり、「強い」証拠か、「弱い」証拠かが問題なのです。

 

   たとえば、あなたの友人が過去にあなたから暴力の相談を受けていたので、その友人の陳述書が証拠だとします。これも証拠にはなりますが、友人は暴力を実際に見ていませんし、あなたの友人ですから、あなたに有利に書く可能性があり、証拠としては「弱い」証拠になります。

   他方で、たとば「やめて」と言っているのに、怒鳴りながら夫が殴ってくる様子を録音できていたら、決定的な証拠となり、「強い」証拠となるでしょう。

   また、弱い証拠であっても、複数あれば、全体として強いと言えることもあります。

   たとえば、以下のような証拠が考えられます。カッコ内の数字は、証拠の強弱の目安を5段階評価でつけたもので、5が最も強く、1が弱い証拠です。ただし、具体的事案によって異なりますので、ご留意ください。

 

・暴力を受けた直後に受診した診断書(5)   ※暴力を受けたとの記載のあるもの

・暴力を受けた直後にアザなどの写真をとったもの(4)

・暴力の様子を細かく記載した日記(2)

・暴力直後に知人や親に助けを求めたメール(1~3。内容により異なる。)

・子ども家庭相談センター等の公的機関にDV相談に行ったことがわかる履歴(2)

・暴力に対して警察を呼んだことがわかるもの(4)

(ただし、警察は、原則として書面を出してくれません。裁判における調査で判明する可能性があります)

・暴行行為の状況が録音されたもの(2~4)

・暴力を認める夫の自白(3~4)

離婚法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

相談予約ダイヤル

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

(滋賀の弁護士による離婚相談/草津駅前法律事務所)

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。
電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の、離婚に悩む女性の相談を多く聞いております。

当事務所関連サイト

このサイトを運営する、草津駅前法律事務所のメインホームページ。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害に関するホームページ。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

事業者・会社の破産のホームページ。

個人事業・会社の破産・倒産相談

相談担当弁護士によるブログ。平日ほぼ毎日更新中!

滋賀県草津市弁護士ブログ